01*倫敦で舞台に立つ 1 / 斎藤晴彦

私は2008年9月にロンドンにあるフォーチュン・シアターで「ウーマン・イン・ブラック」という芝居に出ました。登場人物二人の芝居で、共演者は上川隆也さん。五回だけの上演でしたが実に楽しい経験でした。

「ウーマン・イン・ブラック」はもともとイギリスの芝居で、原作はスーザン・ヒルの小説。それをスティーブン・マラトレットが脚色し、ロビン・ハーフォードが演出しました。私たちが出演したフォーチュン・シアターで二十五年以上もロングランをしていて、多分、現在もやっていると思います。ウエスト・エンドの劇の中でも屈指の作品の一つです。とはいえ一口に「ウーマン・イン・ブラック」と言っても、なにそれ、と思われる方もいらっしゃるでしょう。フォーチュン・シアターに出ました、と言ってもSo What? と思われる方も多々いらっしゃると思います。で、話は長くなりますが、そこらあたりのことをとりとめなく書いてみます。

話はずっと過去の事になりますが、1991年の秋頃(正確な日時は全然思い出せません)にパルコ劇場のプロデューサーの山田さんから、今、イギリスでやっている「ウーマン・イン・ブラック」をパルコでやることになり、ついては出演する気ありやなしやの話がありました。山田さんとお会いした場所は今でも鮮明に記憶していて、吉祥寺にあるSOMETIMEというジャズ・ライヴハウス。立ち所にOKしました。「スタイルはホラー物なんですがね」と言う山田さんの言葉だけでOKするには充分でした。「登場人物は男二人です」。この言葉にも、なんか、シンプルなホラー物なんだと勝手に思い込み、やる気が湧いてきました。本も読んでないのに。内容もちゃんと聞いてないのに。これがもし男女二人の芝居でホラー物だったら愛と憎しみみたいな極めておぞましく面倒臭い話になり、おどろおどろしてわけわからなくなるにきまっているから、多分、考えさせてください、と即答は避けていたことでしょう。ま、もっともそんな男女の機微がからむホラー物の話など私のところに来るわけはないのだけれど。「ところで山田さん、OKしてからこんなこと尋ねるのは非常識だと思うのですが、相手役の俳優さんは誰がおやりになるのですか?」「萩原流行さんにお願いしました」。

ところが。いただいた「ウーマン・イン・ブラック」の戯曲を読んで吃驚。それは姉と妹の愛と憎しみ、そして妹の子供をめぐる残酷な悲しい話だったのです。そればかりではない。この骨肉の悲劇にはまったくの部外者である一人の男が理不尽にも巻きこまれてゆき、男は女によって恐怖の世界に招待されるのです。

そうなのです。この芝居は女の話なのです。萩原流行さんと二人で女の心を物語ってゆくことになったのでしたが、とんでもない話を引き受けてしまったと感じました。けれどもパルコ劇場で芝居が出来るのだというときめきがこの大いなる不安を消し去ってしまいました。

もういろんなことを次から次へと忘れてしまう情けない高齢者になってしまったから正確な日時はまたまた思い出せないけれど、或る日(この言葉は便利)、パルコの劇場関係者(この言葉も便利)から、「ウーマン・イン・ブラック」の稽古までずいぶん日数があるから、この際、ロンドンに行って、今やってるオリジナルの「ウーマン・イン・ブラック」を観て来たらどうかと言われ、流行さんと相談して行くことにしました。またまた日時は忘れましたが、多分、1992年の4月か5月の頃だったかなあ。そこではじめてフォーチュン・シアターで上演されている「ウーマン・イン・ブラック」を観ることとなったのです。そして、そこではじめて、これから長いお付き合いをすることになる演出家のロビン・ハーフォードさんと会うことになるのです。そしてもう一人、日本上演時のプロデューサーでパルコと二人三脚する作曲家の都倉俊一さんにも。都倉さんは当時ロンドン在住でした。

さて、はじめて見、はじめて入ったフォーチュン・シアターは、劇場自体がまるでこの「ウーマン・イン・ブラック」のために存在しているような、人々の想像力をホラー的に豊かにしてくれるつくりになっているのでした。怖いもの見たさは人間の普遍的感性ですが、フォーチュン・シアターの観客もまたご多分にもれず、観る前からもう怖がる用意をしています。「ウーマン・イン・ブラック」がこの劇場で大ロングランになる予兆がすでに感じられるのでした。

さて、物語は日本語の台本でわかってはいますが、目の前の劇は英語ですからどうにもこうにもですが、英語で長い科白を(多分)淀みなく喋っているのを聞いていると、なんとなくうまく聞こえてくるのです。本当にうまいのかも知れませんが。この舞台に限ったことではない、異国で芝居を観ているときのこの感じはなんなのでしょうか。舞台と観客とのことですが、言葉がほとんどわからないのにこんなこと言うのも変だとは思いますが、私が翻訳された台本を読んだ時の、全体に流れている悲しさ、或いは語られる女たちの孤独、恐怖に巻き込まれる男の痛々しさなどが舞台から観客に伝わっていないと感じたのです。時に起こる女の叫び声、無人のドアが閉まる音、ろうそくが消え暗闇になる時など効果音が発する極めてテクニカルな所では観客はキャーキャー怖がり、その後必ず笑うのですが。でも、これでいいじゃないの、受けてるんだから、と言い聞かせつつウトウトしてしまいました。時差ボケは心をひねくれさせるんでしょう。

舞台が終ってから出演者の一人とロビーの小さなバーで話しました。とっても屈託のない若い俳優だった。彼のやった役を流行さんがやるのだ。その後で舞台上を見せてもらいました。小さい、とっても地味、と言うか質素な装置、袖も狭い。私のように小さな劇団で、低予算で芝居を作っている者には何とも言えない親近感が湧いてくるのでした。劇場自体も古い建物で、ずっと後になって、つまり、2008年9月にここで「ウーマン・イン・ブラック」をやった時に劇場の人にもらったフォーチュン・シアターの描かれた新聞の切り抜きには、1811とありました。当時も今も同じ三階建で、構造自体はそれほど変っていない。こういう劇場、舞台を見てしまうと我が日本国の劇場のなんと寒々としたキンキラキンであることか。それから楽屋も見せてもらった。狭い急な階段を行くと木の扉があって、中は学生下宿屋の部屋のよう。二坪ほどの広さ。衣裳掛けやメーク机、椅子、古い小さなソファ。なんか、ディッケンズを読みたくなるような不思議さが漂っている。その時は、まさかこの劇場で芝居するなんて思うことすらなかったんです。

件の若い俳優に礼を言って、私たちは、ロビン・ハーフォードさん、都倉俊一さんたちと近くのレストランに行き、ドーバー海峡の鱈のムニエルを食べました。旨いとは言い難かったです。この時、ロビンさんは私たち日本人の役者を知る由もないし、私たちも同様。東京での稽古を楽しもうと、そして、素敵な上演をしようと約束しました。ただ、一つだけ聞きたかったことがありました。原作の小説をなぜ男二人の芝居に脚色したのか。ロビンさんは言いました。自分たちの劇団は貧しい。公演も低予算でしか実現出来ない。原作は面白いし、是非やりたい。しかし、小説の中のように物語にとって重要な人間を全部登場させることなど考えられない。そこで同志のスティーヴン・マラトレットに相談すると、彼は登場人物二人だけのアイディアを出してきた。一人の役は恐怖体験をする人間、もう一人はその間に巡り合う様々な人たちを一人で演じ分けていく人間。この二人で「ウーマン・イン・ブラック」の恐怖物語を観客に語りかけてゆくスタイルにすればいい。装置なども語り物だから最小限で済む。効果音を存分に使用する。金はかからないで出来る。こんな話をしながらロビンさんは楽しそうに微笑んでいた。聞いていて流行さんも私も嬉しくなってきた。俄然やる気が倍加してきた。ロンドンに来た甲斐があったというものだ。東京での稽古のことを考えると興奮してなかなか眠くならない。しかしこれは時差ボケで眠いけど眠れなかったのかも知れない。短い滞在だったからロンドン見物など出来るわけがなく、せいぜい大英博物館に行ったり、パレス・シアターで「レ・ミゼラブル」を観た程度で帰って来たのでした。


2015-07-14 | カテゴリー 斎藤晴彦の役者修行 |