さいきんの本(7月7日)

いやー、サボりました。「さいきんの本」。

毎日、やろうやろうと思いつつ…という言い訳はやめて、気軽にやってみようと思います!


『宿題の絵日記帳』は難聴である今井麗さんが、聾話学校に通う中で家族に宿題とされた絵日記をまとめたもの。それだけじゃなく、家族の姿が素晴らしく浮かび上がってきます。ほんとにいい本!それしか言えない!

これを本にしようと思って実現されたこと、まだまだ出版という世界もやるナーと思いました。(えらそう)

『やれたかも委員会』はWEBで(バズってから)読んでいたんですが、つい買ってしまった。しかも発売日に探して。出てくるエピソードが「やれたのかどうか」はどうでもよくって、なんでわたしがこの作品好きなんだろう、っていうのが巻末の作者と保坂和志さん(!)との対談に全部書かれてました。対談のためにも買って!みんな!WEBで満足しないで!

『わが盲想』は文庫再読。アブディンさんにはとうとう『屋上野球』に登場していただけることになりましたよ〜〜!!うれしい!!

番外編。


さいきんの娘のリピート読み聞かせ。やっぱりマスターピース的なものは外しませんね。「おれだーっ!」のところを繰り返し読まされます。

サクッとですが、このへんで!


2017-07-07 | カテゴリー さいきんの本, 屋上日記 |