『屋上野球』再スタートのいろいろ

久しぶりに『屋上野球』についてのお知らせです。

2014年7月にVol.2を出してから早2年半。
「号外」として16ページの冊子を作りました。
わたしが主催者のひとりである「東京野球ブックフェア」というイベントに合わせて制作し、このたび通販も開始します。
号外といっても内容はしっかり読んでいただけるものです!
巻頭は、『に・褒められたくて』の著者でもあるながさわたかひろさんの最新インタビュー。
その他、「Vol.3を出します!」と宣言と特集のお知らせをして、ミニ特集としてえのきどいちろうさんにエッセイを、ばばかよさんに漫画を書いていただいています。

通販はコチラから。
屋上野球 号外 | 編集室屋上書店
定価200円、送料込みで300円としました。銀行振込だと手数料がかかってしまってなんだかな、という感じですがクレジット決済も可能です。

なんだか濁してきたような気もしますが、この休みは簡単にいうと産休・育休でした。
Vol.2刊行時が妊娠7ヶ月。その後出産を経て、単行本の刊行はなんとか続けてきたので「なんで『屋上野球』はやらないの?」という声をいただいたこともあったのですが、単行本の編集(及び営業)と雑誌形式をとる『屋上野球』とは制作の状況も違っていて、今の状況ではとてもできませんでした。打合せの回数も多く、基本的に相手の都合に合わせる取材も入ってくる。わたしは子どもを保育園に預けずに、週に数回の一時保育と子どもが寝ている時間に仕事するという強行突破をしてきたので、雑誌の制作には生活スタイルが追いつきませんでした。「だからできなかった」っていうよりは、それもある程度わかっていたうえでこの生活を選んだので、待っていただいた方や不定期とはいえ連載をお願いしていたみなさんには申し訳ないことなのですが。

で、なぜこのタイミングで「Vol.3つくります!」と宣言しているかといえば、子どもの保育園入園が決まったからです。(第四希望だけど!車で15分かかるけど!)

……今、このことをちまちま書いていたら、待機児童問題のことへの愚痴がものすごく長くなってしまい、でもあらゆる人に「配慮」する文章は書けず、情けないので消しました。

待機児童問題。厳しいです。わたしは娘2歳児のタイミングで入園が決まって、これは幸運な部類といえます。この状況で、「保育園落ちた」という方にも何の違和感もない言葉は紡げないと思います。と、こんなことを考えないといけない。つまり、「同じ年代の子どもを持つ親」を分断させる問題が、待機児童問題でもあります。このこともまた、厳しいです。

話がそれてしまいましたが、こんな状況なのでこんなに間が空いてしまったよ、という言い訳なのでした。この2年半の間、思いつく企画はメモすることしかできず、新しい雑誌が現れると嫉妬をし、という日々でしたが、そのぶん溜め込んだいろいろを『屋上野球』Vol.3に詰め込みたいと思います。

まずは『屋上野球』号外、ぜひ読んでいただきたいです。
通販はこちらの屋上公式通販のみ、Amazonなどの取扱はありません。
一部を除いて書店さんに卸すこともないと思います。
屋上野球 号外 | 編集室屋上書店
ぜひぜひ。この売上が、Vol.3制作の後押しになります。笑

そんなわけなので、これからはブログもいっぱい更新していこーっと思います!!


2017-03-29 | カテゴリー つれづれ, 屋上日記 |