最近の仕事と育児

娘が産まれて10ヶ月になりました。
ここでもぼちぼち書いているとおり、少しずつ仕事を始めていますが、まだ「復帰しました!」とはとうてい言えない状況。
仕事、といっても、編集室屋上としての業務だけではなく(それでは生活できないし…泣!)、普段はフリーの編集&たまにライターという形で仕事をいただいています。

とりあえず、今のところ娘は保育園に入れていません。
認可保育園の一時保育にたまにお願いしていますが、普段は家で二人でゲラゲラ笑いながら過ごしています。
おおげさにいえば、これは、フリーランスで働きながら家で子育てをする、というのがどこまで可能なのかというわたしの挑戦でもあります。まあ、子どもを産み育てるだけで挑戦なわけですけど、せっかくフリーで、自分で働き方を調節できるのだから、まずは「家でみる」「保育園に入れない」、そのうえでどこまでできるか、やってみよ、と思ってます。

同じくフリーで働く友人から、どうですか、出産して。仕事、どうですか。っていう質問たくさん受けます。ということは、わたしの挑戦も書き記しておけばすこしは役に立てることもあるかもしれないと、思ったのです。

というわけで、とりあえず、10ヵ月現在のメモ。

***

仕事をするのは基本、娘が寝たあとと、一時保育に預けた日、夫が休みの日。(でも夫が休みの日はできるだけわたしも休んだり出かけたりしたいので、あまり仕事してません)
ほぼ毎日夜20時くらいに寝るので、そのあと食事をして21時頃から仕事ができれば上出来。これを書いている今日はなぜか全然寝てくれなくて、やっと寝たのが22時……。
家で仕事をしているということは何時までやってもいいわけですが、まだ夜間授乳があるのと、娘が6時半、早いと5時半には起きるので、あんまり遅くまでは体力的にもたないというのが現状です。それに産後の不調から未だに抜け出せない(ので先日から鍼に通い始めました)。

仕事内容は、まずフリー仕事として産休前からやっていたWEBマガジンの編集が一本。
これのための編集会議が月に1回。
それから最小限の打合せでできるテープ起こしや原稿整理といった仕事。これがいまとても助かってます。
そして、屋上の仕事。
来年1月の新刊刊行に向けて、ゆっくり一冊、少しずつ作っているところ。
それから屋上の既刊本の発送や精算などの日々の業務。
今やっているのはこんなところです。これにイレギュラーな仕事がプラスアルファという感じ。

保育園に預けるのは大体週1回に落ち着いてきた。
わたしの家の近所は子育て世帯が少ないので、いわゆる待機児童もそれほど多くない、でもそのぶん保育園は最寄り駅に一つで小規模なので、入れやすいという状況ではないようす。
ただ、一時保育はそれほど詰まっていないので、今のところは希望通りにお願いできている。
が!8月に入って急にいっぱいに!
例年この時期に、というわけではないようなので、偶然が重なったみたいですが…。でもどちらにしても、4月~6月くらいが空きが多いのだそうです、むしろそっちが例外とのこと。
でも他の地域に住む友人たちに聞いたところでは、一時保育に入れるのも、申込開始日に毎月早朝から並ぶとか、チケットぴあ並に電話をかけまくるとかいう話もあったので、申込日にFAXぺろっとおくればまあまあなんとかなる、という町の状況はありがたいことだと思います。これも、産んでみるまでぜんぜん知りませんでした。
ただ、翌月の予約の可否が20日頃までわからないというのは、予定を立てる上ではかなり厳しいです。今も、来月の予定をヒヤヒヤしながら待っているところ。

預ける内訳(?)は月1回の前述のWEBマガジンの編集会議と、ほかは滞った仕事を片付ける日。
もしくは、これから進めたい本の仕込みをする日。
夜だけでははみ出た仕事を一気にする日。
……たまに、寝不足を解消する日。
その編集会議以外の打合せは、ご迷惑を承知で娘を連れて行っちゃっています。
お付き合いのあるみなさんは、快く受け入れてくださって本当に助かりますが、やっぱり相手方の会社に行くとか、静かなお店に行くとかは無理なので、連れて行くには制限もかなりあります。

現時点で、すでに「会議の日に一時保育がとれない」「娘が風邪をひいた」「私自身が絶不調」といったトラブルがあり、打合せを飛ばしたこと数回。会議にも無理やり連れて行ったこと一回。こんな状況なので、産前にできていた仕事は、ほとんどができていません。取材仕事や、締切が厳しい仕事は受けないほうが無難。
『屋上野球』のVol.3、じつは年内か、来年の春を目標に出そうとしていたんです。もう、つくりたくって、出したくって。止めたくなくって。でも、一人編集部体制で(手伝ってくれる人はいるし今後はもっと人に頼るつもりですが、それでも編集部は一人)、雑誌をつくるというのは取材や打合せがめまぐるしく入ってきます。あまり長い時間かけて作るのも好ましくないと思ってます。せいぜい、2~3ヵ月くらいで一気につくりたい。これを全部、ドタキャンなく乗り越える自身は、現状はとても考えられませんでした。あー、でもホント、すぐにでも出したいんだけど。この話は長くなるのでまた書きます。もうずっと悶々としています。

あれ、悶々としたところで終わってしまった。
今のところこんな日々です。見ておわかりのとおり、バリバリ仕事!には程遠いし、「わたしの子育てが落ち着くまでみんないい本出さないでくれ」って卑屈な気持ちになることも多いけど、でもまあなんでしょうね、「無理じゃなかったよ!」っていう感じでしょうか。
「いろいろあるけど毎日楽しくって娘の成長を見ていると全てがプラマイゼロになるよ」とはわたしは、言えないんですけど、正直。プラスはプラス、マイナスはマイナスで、それが合わさってゼロになるわけじゃなかった。
それをゼロと思える人も、いや、プラスに思える人のほうが多いとは思うんです。でもわたしは自分でつくった仕事をしているからというのもあるけれど、おそらくはもっと性格的なところで「焦り」の感情が強くて、そこをうまくコントロールできていません。だからって、後悔しているとか毎日がつらいとかではもちろんなくて、それはそれ、これはこれ、という感じになっちゃってる、というところです。

はー、書き出したらちょっとスッキリすることでした。
自分のスッキリだけでなく、誰かのお役に少しでも立てますように!


2015-08-13 | カテゴリー つれづれ, 屋上日記 |