03*海はどっちだ / 平野公子

畑に植えたミニトマト(細長い形で固いもの、焼くと旨い)は採っても採っても出てくる。しかも実の色が青いときもトマト色になったときも、なんとも言えないイイ色なのだ。枝豆、きゅうり、かぼちゃ、トウモロコシ、コリアンダーなど少量しか植えなかったので人に送るほどありませんが、今年は実験ということで、いろいろニワカ農婦でやってみてます。島の土と気候はどんな植え付け作物もいけそうだ。

島というからには当然回りは海だ。住んでいるところがなだらかな山の麓なので、島であることをつい忘れてしまう。

先日港の近くを、青い海を眺めながらプラプラ歩いていたら、漁船とおぼしき小型の船が突堤に数十隻もやっていた。ぼんやり見ているうちにひとつの疑問がワラワラとでてきたのだった。海辺それも瀬戸内海、瀬戸内海、世界の宝石などと大騒ぎされているわりには、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島には漁港らしきところがない。魚市場も地場魚専門で食べさせてくれるところもない、小売りの魚屋もない。まだわたしのリサーチ範囲が少なくて知られざる漁港やびっくりするほど旨い魚市場屋台がどこかに潜んでいるかもしれないが、誰に尋ねてもそんなところがなさそうなのだ。私にはコレが不思議でギモンで、しみじみ残念でたまんない。あの江ノ島や鎌倉でさえ、海辺でイカや貝焼いたりしている、おみやげに干物買って帰ることができる。なのに海に囲まれた小豆島ではそれもナシですか? そりゃぁないでしょう。どうしてなのか誰かキッチリ理由を教えてほしいものだ。

「ほんの5、6年前はこの家の前のなぎさでアサリがたくさん穫れたものよ」
海岸線に沿ったところに、定年後自宅兼カフェを開いてるママはそう言う。

えっ、たった5、6年前には穫れていたんだ。
「そうよ、わたしの子どもの頃は貝はザクザク穫れたわね。魚も小イワシとかね海藻も全部この浜から穫って食べてたのよ」

じゃあ、どうしてんのいまは?
「スーパーで買っちゃうわね。いつからどうしてこうなったのかしらぁ」

原因とか知らないんですかぁ?
「いろんなことがあるんじゃない。プランクトンが減ってしまったとか……」

そこまでいくのに数段階あると思うんですが。でも、漁師さんはいますよね。
「いるけど、すごーく少なくなってるんじゃない」

 地場で穫れた魚が集めらる魚の卸商店〈魚伝〉さんに行ってみた。島でこういう店は一つかもしれない。

魚伝さんは午前中しかやっていない、倉庫のような店でコンクリートには水が流されたまま、その地べたに本日穫れた魚が無造作にバットの中にいれられている。蛸などはいまにもはい出しそうだ。

「なあに、移住して来たの、小豆島はいいよ、魚旨いよ、これきょう穫れたまながつお、あんまり知られてないけど島でよく穫れるの」

じゃあそれ一匹。

「一匹関西じゃぁ3000円、東京じゃ5千円くらいするよ、島では1500円ね」

おじさん、そこのホタルイカも。
ビニールに山盛りのホタルイカとアジ10匹と4切れに捌いてもらったまながつをで〆て3000円なり。

これで一週間は魚づくしだ。
魚伝の大将に聞きたいことはいっぱいあるのだが、つぎからつぎへと飲食店や個人のお客でいっぱいなのだ。

聞いたところで、私のギモン、シツモンにそう簡単にはお答えいただけないことだろうことは察しがついた。

小豆島に限らず漁業の今は奥が深そうだ。皆目わからん。


2014-07-28 | カテゴリー 小豆島の食だより |