あみもの日記3 時間の経ち方

前回のあみもの日記

娘のベスト、遅々として進まず。

子育て、というか、子どもと過ごす生活というものの時間の流れ方が、今までと違うので不思議な気持ちを味わっている。
たとえば雑誌の編集部に所属していたとき、校了間近だと毎日時間がなくて、まさにあっという間に時間が経っていくという感じだった。
あれほど、「あっというま」ではないし、あれほど忙しい、わけではないのだけど、気づくと、どわーっと時間が経っている。
あれ、娘が急に大きい。なんかハイハイしてるし。つかまり立ちしてるし。
時間の経ち方ともうひとつ違うのは、そのどわーっと経った時間ののち、自分がとくに何もしていない気になること。
あみもの一つとっても、あれっ、全然進んでないのにもう来週お教室だ。あれ、あさってだ。あしただ。

今が大切な時間であることはわかる。
何もしないで過ごしているわけでもない。
でもその間にできあがった雑誌が、本があるわけでもない。
娘のために編むものさえできていない。
そういう時間の経ち方に慣れない。わがままで勝手なんだな。

4月の教室は娘の風邪で休んでしまった。
5月は夫に娘を預けて、産後初めてひとりであみもの教室へ。
(その日帰ったら「あなた出かけると表情がかわるから、もっと出かけなさいよ」と言われた)
6月は娘と。みなさんが娘をあやしてくれる。

遅々として進まず、と書いたけれど前回の日記から見ればだいぶ進んでいるのだった。
IMG_3165

うーん、やっぱり、まだまだか。だって2ヵ月経っているんだもんな。
このベスト、2ヵ月あれば編みあがっているはずのものだな。

編んでいるときも、出来上がったときも楽しいけれど、じつは一番好きなのはこれから編むものを考えているとき。
雑誌「毛糸だま」のバックナンバーを見ていたら、自分用に編みたいベストを見つけてしまった……!
さっそく那須さんに連絡をして、糸のことを相談。雑誌で使っているのは、なかなかお値段の張る糸なのだ。
那須さんはその糸をいくつもお持ちで、お教室のときに持ってきてくれた。
オステルヨートランド羊毛紡績。思ったより、やわらかい。
――素敵な糸ですけど、ベストを編むとなると、これ毛糸だけで一万円くらいかかっちゃいますよねえ……
――そうね、かかっちゃうかもねえ。
――ううーん……でもこの糸がいいですよねえ。
――ほかの糸でも悪いわけではないけど。この糸は細いからベストを編むとなるとすごく大変ではあるし。でも、これで編めたらおばあちゃんになっても着られるよ。

おばあちゃんになっても着られるベスト!
今まで編んだものは自己流で、どこかに失敗がある(おおきめの失敗)ものばかりだけど、お教室でじっくり教わりながら編めばそれもきっと最小限にできるはず。

なんとワクワクすることか。
自分のベストを編み始めるためにも、はやく娘の卵焼き色のベストを編みあげなくては。


2015-06-23 | カテゴリー あみもの日記, 屋上日記 |