あみもの日記4 赤ちゃんには卵色

娘が起きているときは編み針は持たないことにしている。
小さい頃から母に口すっぱく言われてきているので、小さい子のいるところでは針や棒を持つことはしない、というのが染み付いてる。といっても、注意深くしていれば大丈夫だしやっているひとを否定もしないけれど、わたしは元来ズボラだし、なんというか、未だにちょっとしたことで自分を優先をしまうことがある。あ、いま手を離したくない、と思った一瞬になにか起きるみたいなことを常にずっとイメージしてしまうので、そんなこと考えるくらいならやめておこ、ということ。

だからまあ、なかなか進まないという言い訳ばかりです。
でも、ちょっとベストっぽくなってきた。ほほほ。
写真 2015-07-31 16 17 47

先日のあみもの教室に、長野県から参加してくださった方がいた。
いつも自己流で、といいつつとてもきれいに完成されたカーディガンを持ってきてくださって、
本を読んだだけではなかなかわからない細かいところ、コツのようなこと、を教わりたいと言っていらした。
元気で楽しく、場所をぱっと明るくなごやかにしてくれるその方が、後日メールをくださった中にあった言葉。

林さんの卵色のベストも素敵でした。
わたしは三姉妹なのですが、妹たちもみんな、小さい頃は卵色の服をたくさん着せられていました。
祖母の教えで、「赤ちゃんには卵色」だったそうです。妹たちと撮ってもらった懐かしい写真を思い出したりしました。

そういえば!
姉やわたしが小さい頃着ていた母の手作り服にも、いくつも卵色のものがあった。
もう赤ちゃんじゃなかったし、あみものではないけど。
いろいろと染み付いているものがあるのかなと思ったのでした。
(Wさん引用ごめんなさい、メール、うれしかったです)

それはそうと、進まないベストの一方でこんなものを編み始めてしまった……。

写真 2015-07-31 16 17 30
なかなかちょうどいいあんばいの乳児用麦わら帽子ってなくて。エコアンダリヤ、というお安い糸を、夏糸セールで買って。たまにかぎ針編みをしたくなるときもあるし(苦手なのに)、とにかくわたしはなんでもかんでも「ながら」ばかりなのだな。一つに集中するということが、全てにおいてできないらしい。

あみものするのが夜なので、毎回写真が見苦しいことはご容赦ください……。


2015-07-31 | カテゴリー あみもの日記, 屋上日記 |